このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

BIツールを検討されているお客様、こんなお悩みございませんか?

  • BIツール導入を検討しているが、違いが判らない
  • 最近BIツールが流行っているが、何のメリットがあるかわからない
  • 既存運用システムと比較してどのくらい効率化されるかわからない
  • BIツールがいろいろあって自分の会社・組織に合うツールが分からない
  • 効果的なデータ活用がしたい
分析屋が
お助けします!

データは蓄積されているが、うまく活用されていなかったりしませんか?

「データ加工やレポート作成しているが、時間がかかる」

「社内にデータはあるが、整理されてない」

「データ加工するエンジニアがいない」

「レポート作成する要員がいない」
「BIツール導入することが決まったが何を準備すればよいのかわからない」

「既存のシステムと同等以上に効率出るか気になる」
「レポート作成に時間がかかる」

「依頼した項目しか表示されず、多面的に見ることができない」
「レポート作成に時間がかかる」

「依頼した項目しか表示されず、多面的に見ることができない」

BIツールを使っていないなら、
組織上の問題が発生している可能性があります。
無用なコストが発生し、
部門間での信頼を損ない、
受け身のままの組織を作っています。

解決できる問題
レポーティング業務の問題のパターン

もし、次のような業務が発生しているなら、構造上の問題があります。

  • 基幹システム=>部門でExcelパターン

このように、基幹システムから、各部署・部門の担当者がデータを抽出し、Excelをもとにレポート作成を行っている。

次のようなケースもあります。

  • 基幹システム=>システム部門にデータ抽出依頼=>部門でExcelパターン

このように、各部署・部門の担当者がレポート作成のために、システム部門にデータ抽出を依頼し、Excelでレポート作成を行っている。


解決で得られる効果
コストを削減し、部門間での信頼を保ち、自主的にアイデアを出して行動できる組織を作る
自社や他社の事例を分析した結果、上記のような構造は、組織上の問題を発生させることがわかりました。
根本的な問題は、Excelをレポート業務に使っていることです。もちろん、Excelで十分な場合もあります。しかし、最適ではない場合もあります。

単に業務効率の話かと思うかもしれません。Excelで1日かかっていた作業が、BI導入することで半日になる。大したことがないのかかもしれません。
効率化で言えば、各種事例によると、半日や1日かかっていた作業が1時間程度になるケース、二週間の集計業務が2日で終わるようになったケースもあります。

上記で、構造が問題だと言いました。各部門で、本来の業務を何であると定義しているのかを考える必要があります。Excelを駆使して、ユーザー部門やシステム部門がレポート作成のために時間を使いやすことを、本質的な業務としなくとも良いはずです。
ユーザー部門は、システム部門に本質的ではない業務を依頼し、システム部門も本質的ではない依頼に対応します。しかも、時間がかかることが問題です。部門間の信頼を失わせる可能性があります。

もう一つの隠れた問題は、組織として望ましい姿の芽を摘んでいるかもしれないことです。自主的に新たなアイデアを出し自主的に実現できる可能性を潰している可能性があります。事例によれば、良いBIツールを導入すれば、末端の担当者が見たい数字を自主的に考え、その数字をもとに、新たなアイデアを出し、行動することが分かります。
どのような行動をとるか
いますぐ行動に移す
上記で、構造が問題だと言いました。構造上の問題であるため、自然に治ることはありません。構造を変えなければいけません。

まずは、上記のような構造上のパターンが社内で発生していないのかを確認してください。どれだけの時間がレポーティング業務に使われているのかを担当者にヒアリングし、把握してください。

次に、業務時間が多いようなら、BIツールのベンダーを探し、BI導入を検討してください。ベンダーからの説明やツールの価格を聞き、導入が有益かを検討してください。前述したように、コストだけの問題と捉えずに、健全な組織を作ることを念頭に検討してください。
解決で得られる効果
コストを削減し、部門間での信頼を保ち、自主的にアイデアを出して行動できる組織を作る
自社や他社の事例を分析した結果、上記のような構造は、組織上の問題を発生させることがわかりました。
根本的な問題は、Excelをレポート業務に使っていることです。もちろん、Excelで十分な場合もあります。しかし、最適ではない場合もあります。

単に業務効率の話かと思うかもしれません。Excelで1日かかっていた作業が、BI導入することで半日になる。大したことがないのかかもしれません。
効率化で言えば、各種事例によると、半日や1日かかっていた作業が1時間程度になるケース、二週間の集計業務が2日で終わるようになったケースもあります。

上記で、構造が問題だと言いました。各部門で、本来の業務を何であると定義しているのかを考える必要があります。Excelを駆使して、ユーザー部門やシステム部門がレポート作成のために時間を使いやすことを、本質的な業務としなくとも良いはずです。
ユーザー部門は、システム部門に本質的ではない業務を依頼し、システム部門も本質的ではない依頼に対応します。しかも、時間がかかることが問題です。部門間の信頼を失わせる可能性があります。

もう一つの隠れた問題は、組織として望ましい姿の芽を摘んでいるかもしれないことです。自主的に新たなアイデアを出し自主的に実現できる可能性を潰している可能性があります。事例によれば、良いBIツールを導入すれば、末端の担当者が見たい数字を自主的に考え、その数字をもとに、新たなアイデアを出し、行動することが分かります。

レポーティングのコスト改善
既存システムを整理し、コスパを考慮したレポート作成

分析屋のサービス内容

BIツール導入サポート
貴社の既存環境を把握し、最適な環境をご提案いたします。BIツール導入までのサポートも行います。
レポート作成・サポート
貴社内でレポーティングされている場合、BIツールの使用方法からレポーティングまでのサポートをいたします。
レポート作成・サポート
貴社内でレポーティングされている場合、BIツールの使用方法からレポーティングまでのサポートをいたします。

Tableau
ハンズオンレクチャー

Tableauの使いこなしに困っていませんか?

このサービスでは、Tableauでこんなことを実現したいのだけど、やり方が分からないという方向けに、ハンズオンレクチャーを行います。

1回あたり1時間のレクチャーとなります。費用は1回あたり8,000円です。

ステップ.1
お問い合わせ
Tableauで実現したい内容を問い合わせください。
ステップ.2
ヒアリング
担当より、具体的に内容をお聞きするために、ヒアリングの機会を設定いたします。

本サービスの内容に関してもご説明いたします。
ステップ.3
ご依頼
ご希望のレクチャーの回数にて、ご依頼ください。
ステップ.4
レクチャーの実施
ご依頼のケースのような内容を、どのように実現したのかをレクチャーいたします。

1回1時間の中で、他の質問をしていただいてもかまいません。

ステップ.2
ヒアリング
担当より、具体的に内容をお聞きするために、ヒアリングの機会を設定いたします。

本サービスの内容に関してもご説明いたします。

サービスの流れ

BIツール導入サポート (工数目安)
可視化情報・既存システムの提示 お客様アクション
サンプルデータの確認 2週間
環境実装 お客様とお打ち合わせ
導入方法調整 1ヶ月
動作確認 1週間
導入方法調整 1ヶ月
レポート作成 (工数目安)
要件提示 お客様アクション
要件精査 1週間
レポートフォーマット調整 1週間。お客様とお打合せ
データ加工 4日
レポート作成 2日
作成レポート共有
レポート作成 (工数目安)

ワンストップの導入レポーティングサービス

BIツールの導入から導入ツールを使用したレポーティングまで、弊社がワンストップで行えます!
また、ご予算に合わせたスケール調整もご対応致します!

コスト削減できるレポートから優先して作成のサポートをいたします。
既存システム(Excelなど)からBIツール導入の経験を活かし、
貴社に最適なBIツールの導入をサポートいたします。


導入事例

事例
1
作成コストの削減
お客様社内にて、各部署からデータを収集し、レポート作成するまでに十数工程も経て作成したレポートを、BIツール導入することで、作成コストを50%減少することができました。
事例
2
スピーディーなレポート作成
新規のレポートを週に2,3レポート作成するなど、スピーディに作成し、多面的にデータを見るようになり、評価指標の検討やサービス改善の施策実施などの検討を進めることができました。
事例
3
売上と施策効果の可視化
データだけがたまっていたが、BIツールを導入することで、日次単位で売上と施策の効果を可視化することで、戦略検討を効率的に進めることができました。
事例
2
スピーディーなレポート作成
新規のレポートを週に2,3レポート作成するなど、スピーディに作成し、多面的にデータを見るようになり、評価指標の検討やサービス改善の施策実施などの検討を進めることができました。

BI導入に迷っていますか?

事前に検討すべき6つのポイントがあります!

BIツールの導入といっても、ツール導入が常に成功するとは限らないのが難しいところです。失敗してしまう企業様もいます。とはいえ、失敗する可能性を少なくすることはできます。

そんな企業様のために、BIツール導入前に検討した方が良い6つのポイントをまとめました。

下記のボタンをクリックして、ご確認ください!
他にも様々なツールを取り扱えます!

実績ツール

期間限定!
BIツールチャレンジセミナー実施中!

BIツールチャレンジセミナー開催します!
BIツール、興味はあるけど手が出せないという方へ、BIツールチャレンジセミナーを開催します!
インストールからグラフ作成、共有方法など基礎的な使用方法まで、オンラインで丁寧に指導します。
参加費 無料
開催期間:2021/03/11~2021/04/30
※本セミナーでは営業目的としたヒアリングやアンケートなどは行いませんので、どうぞお気軽にご参加ください!
セミナー概要

     対象         BIツールを使ったことがないけど、どんなものかを見て知りたいという方。

    事前用意    特にありません。

Power BIと呼ばれるBIをインストールして使用します。
インストールできるPCをご用意できないようでしたら、 弊社の画面で、最初から最後までの流れを実演いたします。

  開催方法    オンライン開催

 使用ツール  Zoom、Google Meet

  開催時間    30分

     定員       一回 1名(ご一緒に受講される方の参加は可能です)

   参加費      無料

   内容      
  • Power BI デスクトップのダウンロード
  • Power BI デスクトップのインストール
  • Power BI 起動サンプルデータのダウンロードデータ読み込み
  • 1つか2つグラフ作り
  • 他者との共有方法の説明
  • 必要であれば、サインアップ
    ※ 分析屋で作ったダッシュボードも共有してご覧いただけます
  • 質疑応答

ご相談しやすいように、お問い合わせの具体例を一部ご紹介します
一致するものがあれば、ぜひご相談ください
一致しない場合でも、一度、ご相談ください

分からないことがあるので、聞いてみたい

~~業界として~~に携わる者です。
業務の効率性のためにTableauを導入しようと思っていますが、今ひとつ分からないことが多いのでアドバイスをいただきたいです。
特に○○や△△の処理の方法についてです。
VOICE

何が良いのかは分からないが、聞いてみたい

○○のExcel集計に毎回手間がかかっています。
BIはよくわからず、お聞きしてよいのかわかりませんが、改善のアイデアをもえらますか。
VOICE

具体的やりたいことがあり、導入に迷っているので相談したい

○○の販売を行っており、受注データをみて、商品企画を行っています。
細かな分析を行う場合は、情報システム部門にデータの抽出依頼をかけ、
Excelで可視化し、経営層や仕入先にレポートを出しているのですが、
非常に時間がかかっています。
BI導入で、業務改善ができるが一度ご相談したいです。
VOICE

何が良いのかは分からないが、聞いてみたい

○○のExcel集計に毎回手間がかかっています。
BIはよくわからず、お聞きしてよいのかわかりませんが、改善のアイデアをもえらますか。
VOICE

お問合せフォーム

弊社サービスに少しでもご興味をお持ちいただけましたら、下記フォームよりお問い合わせください。
お電話・メールにて担当よりご連絡させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

会社概要

会社名 株式会社分析屋
会社概要 https://analytics-jp.com/about-us/
電話番号 0466-90-3288
※新型コロナウィルス感染症対策のため、当面はメールフォームでのお問い合わせをお願いいたします。
プライバシーポリシー https://analytics-jp.com/privacy/
プライバシーポリシー https://analytics-jp.com/privacy/